宮城県仙台市の小さな小屋で器や手仕事の店を開いています

木・金・土・日 ときどき月よう日オープンしています。







HARAPPAの山ポーチ入荷しました

HARAPPAさんより会津木綿の山ポーチが入荷いたしました。


カラフルできれいな縞模様がたくさん!
人気のすいか縞やひじり縞もあります。






無地のものは紺、からし、赤、緑、青






無地のポーチの裏地は縞模様。
ひっくり返しても使えそうなくらい、縫製の素晴らしいこと。
たっぷりと入るのでお化粧ポーチとして、または充電器やイヤホンなど
細々したものをまとめたりするのにもおすすめです。





会津木綿は日本が、東北が誇る400年の伝統織物です。
庭音でもお世話になっているヤンマ産業の代表ナナさんが加わり、
途絶えかけた工場が復活しました。
新柄も増え、モダンな縞がとても素敵ですので贈りものにもきっと
喜んでいただけると思います。
ぜひご覧ください。





HARAPPA → 






庭音tei-neの場所はこちら → 
今月の営業日 → 
WEB SHOP → 
instagram → 
twitter  → 








HARAPPA - -
会津木綿の山ポーチとストールが入荷いたしました

福島県会津よりHARAPPAさんのお品物が入荷いたしました。
これまでヤンマ産業さんのお洋服の受注会にて会津木綿のお洋服をご紹介させて
いただいておりましたが、小物は初めてのご紹介となります。




こちらはひっくり返したところ。
表の生地もストライプ柄が楽しいのですが、きちんと裏地も付いていて
ロックミシンではなく裏地付きの縫製が大変気持の良い手仕事で本当に素晴らしいです。





ファスナーがとても滑らかなのと、口が大きく開くので中の物が取り出しやすく
明るめのお色を使った裏地なので細かいものも見つけやすいです。

私も使っておりますが、使ってみてこそわかる納得の作りになっております。





こちらはビッグストール

ヤンマさんのお洋服を体験済みのかたはご存知だと思いますが、
最初は生地に張りがあり、少しゴワゴワした感じがあります。
お使いいただくうちにトロンとした何とも言えないやわらかな肌触りを
体感していただけると思います。





ボリュームがあるので首にぐるぐると巻いたり、大判なので残暑の冷房対策に
肩から掛けるのもいいですね。





他にも2トーンになった違うお色や柄のものが入荷しています。

HARAPPAさんは一度途絶えかけた会津木綿の工場をヤンマ産業のナナさんが
復活させた新たな会社です。
日本の誇るべき伝統工芸ですのでぜひみなさまにお手に取ってご覧いただきたいです。





HARAPPAとは
株式会社はらっぱは、2015年3月に、会津若松で120年その暖簾を守り続けた会津木綿工場の「原山織物工場」の事業を継承するために、設立されました。
前社長の従兄弟である小野太成と、会津木綿をメインの素材としてお洋服を作って来た「ヤンマ産業」の山崎ナナとで立ち上げました。
織物を愛する色んな方々の協力を得て、会津木綿の再現と復活に邁進しています。染色をしていた前社長がいないため、織物は出来るようになりましたが、染め場は封鎖されたままです…
原山織物工場は唯一の「染めから織りまで」できる工場でした。なので、完全復活のためにも、当面の目標は「染め場の復活」です!

会津木綿は400年の歴史を誇り、会津若松という厳しい盆地気候のなかで改良され、夏涼しく冬暖かい綿生地として地元の人々に愛されてきました。
その用途は、主に野良着。今で言う、仕事着、日常着です。派手さは皆無、丈夫で堅牢、それが会津木綿の特徴です。
はらっぱでは「原山織物工場」が守って来たポリシーをしっかりと受け継ぎ、また次世代への橋渡しとなるような事業展開を心がけ、過去400年続いて来た伝統を500、600年と受け継がれるよう、新しい試みにも取り組んで行きたいと考えています


HARAPPA → 





※昨晩は降り続いた大雨で仙台駅前が冠水しているニュースを見てびっくりでした。
 みなさまは大丈夫でしたでしょうか?
 このところ毎週のように台風が発生していますので、どうぞくれぐれも気を付けてくださいね。




これからのイベント

・「パンとコーヒーとマグカップ展」 10月8日(土)〜
・「イイダ傘展」          10月22日(土)〜
・「雪待月のおくりもの展」     11月3日(木・祝)〜






今月の営業日 → 
WEB SHOP → 
instagram → 
twitter  → 


HARAPPA - -
| 1/1 |