宮城県仙台市の小さな小屋で器や手仕事の店を開いています

木・金・土・日 ときどき月よう日オープンしています。







LIFE TIMEたくろうさんの無農薬米「ササシグレ」追加予約について

たわわ市でご好評いただきましたたくろうさんの無農薬米「ササシグレ」を
ヤンマさんの受注会に合わせて急きょお持ちいただけることになりました!





(左2kg 右1kg)
お渡し 2月8日(土)以降のオープン日

1kg ¥860 (1kg・2kg・5kg・10kgでお選びいただけます)


ご希望のかたは
 ,名前
◆’阿琉戮電話番号
 白米か玄米のどちらか
ぁ,幹望のkg数

以上を明記のうえtei_ne@yahoo.co.jpまでメールもしくは
Instagramダイレクトメッセージにてお申し込みくださいませ。
店頭分にも少しお願いしますので、ご来店の際にご検討いただいても
大丈夫です。





たくろうさんのお米についてはこちら
手間を惜しまず、丁寧に育てられたアツい想いをぜひ読んでみてくださいね。
↓ ↓ ↓


品種は幻の希少品種ササシグレです。
米ぬかを園主自らの手で発酵させて作った自家製のDIY米ぬかボカシを
田んぼに撒くことで土に住む微生物の層を豊かにします。
微生物層が豊かになると田んぼの環境が良くなり小さな生きもの達が住みつきます。
土着の微生物と土を耕してくれる小さな生きものたちに力を借りながら、
土と稲により一層園主の「手をかける」ことに重点を置いて育てました。

農薬・化学肥料を一切使わず、北上川の肥沃で豊かな水を利用しています。
田植え時の苗の植え付け本数を少なくして苗一本一本をのびのびと育てる疎植栽培法、
田んぼに張る水を深くして無効分けつを抑え穂と籾に養分を集中させる深水栽培法、
一般的な時期よりも田植えを遅らせて土壌微生物を殖やす遅植え栽培法など、
ハイブリッドに独自の方法で、ゆっくりゆっくりと自然に育てる工夫をしています。


ササシグレ
ササニシキの父親であるササシグレは1957年(昭和32年)東北地方においては
作付面積第1位となるほど広く栽培されました。
しかし耐病性・耐倒伏性が著しく弱く、また化学肥料が台頭してきた時代において、
化学肥料との相性が悪いササシグレは、1964年(昭和39年)いもち病の大発生を期に
子であるササニシキにその座を譲りました。
また、この時代は旧食糧管理制度のために全て混米で、
特徴である良食味が一般には評価されることなく一度姿を消しましたが、
ササシグレの復活に尽力した農家さんの努力により、
ほんの一握りの農家の間でひっそりと復活を遂げました。

ササシグレの最大の特徴はその良食味と優れた香りです。
もち米の血統が入っておらず、うるち米が本来持っていた爽やかな香りと
あっさりとした飽きの来ない味、
噛めば噛むほどお米本来の自然で柔らかな甘みを感じることができる、
通好みの非常に味わい深いお米です。
「親勝り」と高評価を得た当時の新品種ササニシキも、
唯一食味だけは親を越えられなかったという逸話が残されています。
また、ササニシキと同様にアミロース含有量が高く糖度が低いので、
糖尿病等の成人病予防やアトピー等の予防、
毎日の健康的な生活の中心として活躍することができるお米です。
自然豊かな場所で感じられる、爽やかな風や澄んだ水、
麗らかな空気のようなお米、LIFETIME ORIGINALとして「CLARITY」と名付けました。
1人1人のライフスタイルに寄り添う優しく澄んだお米です。


美味しいもの - -
<< NEW | TOP | OLD>>